KAROUSHI -Japanese Engineer Blog-

KAROUSHI -Japanese Engineer Blog-

Web、ネットワーク構築関連で仕事している、器用貧乏エンジニア。最近はAWS関連の勉強をしています。

S3でバケットを作成する

AWSのS3の画面デザインが大幅に変わりましたね。
新しいデザインでS3の基本的なことを学びましょう。


目次

S3にバケットを作成する

AWSのホーム画面から上部メニューから[サービス]→[S3]でS3画面に行きましょう。
f:id:jainders:20170626000902j:plain

S3画面にきたら[バケットを作成する]からバケット作成画面へ行きます。
f:id:jainders:20170626000918j:plain

以下を入力して左下の[作成]ボタンを押しましょう。
バケットの作成画面です。
バケット名:一意のもの。またSSL対応するなら.(ピリオド)は入れないようにしましょう。
リージョン:特になければアジアパシフィック(東京)で。
f:id:jainders:20170626000934j:plain

バケットの作成が完了するとS3画面に先ほど作成したバケット名が表示されます。
f:id:jainders:20170626000948j:plain

バケットにファイルをアップロードする

作成したバケット名をクリックしてバケットの中に入ります。
[オブジェクトタブ]→[アップロード]でアップロード画面へ。
f:id:jainders:20170626000959j:plain

[ファイルを追加]を押すか、ドラッグアンドドロップでファイルを追加しましょう。
f:id:jainders:20170626001008j:plain

例ではtext.txtをアップロードしてみました。
アップロードが完了するとこのように追加されます。
f:id:jainders:20170626001021j:plain

また、アップロードしたファイルをクリックすると詳細画面に遷移し、そこの[ダウンロード]からダウンロードすることができます。
f:id:jainders:20170626001030j:plain

S3の基本的な内容は以上です。