KAROUSHI -Japanese Engineer Blog-

KAROUSHI -Japanese Engineer Blog-

Web、ネットワーク構築関連で仕事している、器用貧乏エンジニア。最近はAWS関連の勉強をしています。

AWSで独自ドメインを購入する手順

いろんなサイトでも紹介されてますが、あまりキャプチャ画面はないので実際の画面付きで説明します。

目次

独自ドメインを購入する手順

AWS独自ドメインを購入するにはRoute53で手続きを行います。
まずはAWS管理コンソール画面の上部メニューから[サービス]→[Route53]を選択します。
f:id:jainders:20170806223718p:plain

初めて利用する場合は以下の画面が表示されます。
DomainRegistrationの[Get started now]を押します。
f:id:jainders:20170806223741p:plain

以下のような画面になります。
以前Route53を利用したことがある場合は、左メニューの[Registered domains]を押します。
右画面の[Register Domain]を押してドメイン選択画面へ移動します。
f:id:jainders:20170806223804p:plain

ドメイン選択画面です。
検索入力欄に購入したいドメインを入力し、[Check]を押します。
すると"Availability for"の下に利用可能なドメインが表示され、
その下の"Releated domain suggestions"に似ているドメインが表示されます。
また".com"や".net"などで年額の値段が異なります。
購入したいドメインが見つかったら右側にある[Add to cart]を押してカートに追加します。
すると右側(青枠)のカートに購入したいドメインの一覧と、合計金額が提示されます。
購入手続きに行く場合は右下の[Continue]を押します。
f:id:jainders:20170806224635p:plain


連絡先情報を入力します。
すべて入力して[Cotinue]を押して確認画面へ行きます。
以下連絡先情報の英語訳です。

  • Contact Type: 連絡先情報
    • Person: 個人
    • Company: 法人
    • Association: 協会
    • Public Bdy: 公共団体
  • First Name: 名前
  • Last Name: 苗字
  • Organization: 組織名
  • Email: メールアドレス
  • Phone: 電話番号。日本は81、そのあと先頭の0は入力しない。(例:+81-9012345678)
  • Address 1:
  • Address 2:
  • Country: 国。JapanでOK。
  • State: 州。日本の場合は入力不要。
  • City: 都市。Tokyoで。
  • Postal/Zip Code:郵便番号
  • Privacy Protection:プライバシー保護。
    • Hide contact information if the TLD registry, and the registrar, allow it Don't hide contact information: TLDレジストリレジストラが許可している場合は、連絡先情報を非表示にする。(特に理由がなければこちらを選択)
    • When the contact type is Person: 連絡先タイプが個人の場合は、連絡先情報を非表示にしない。

f:id:jainders:20170806225815p:plain

最終確認画面です。
購入するドメイン名や連絡先情報を再度確認します。
問題なければ[I have read and agree to hte AWS domain Name Registration Agreement]にチェックを入れて、[Complete Purchase]を押して購入を完了します。
f:id:jainders:20170806230010p:plain

購入完了画面です。
[Go to Domains]を押してRoute53のダッシュボード画面へ戻ります。
f:id:jainders:20170806230046p:plain

購入が完了していると以下画面に購入したドメイン名が追加されます。
f:id:jainders:20170806230117p:plain

以上です。

補足(S3との連携)

S3と連携する場合にはS3のバケット名をCNAMEで設定するときのホスト名と同じにする必要があるので気を付ける必要があります。